ファンの皆様へ大事なお知らせ

メンバー脱退のお知らせ

2020年 年内の活動を以てドラムの大津一真が脱退することとなりましたのでお知らせ致します。
以下、本人及び、メンバーからのコメントを掲載させて頂きます。

この度、突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい。
2020年年内の活動を以て、大津一真はアシュラシンドロームを脱退します。

去年の秋頃、より深く音楽を追求するためにミュージシャンとして、そして音楽家以外の生き方や様々な世界を知り、1人の人間として悔いなく人生を全うするためにバンドを離れたいという意思をメンバーに伝えました。
本来であればアシュラシンドロームのメンバーとして最後のツアーを周り関わってくれた全ての人に感謝を伝えたいと思っていましたが、新型ウイルスの影響でこの先当面ツアーを周れる目処が立たないことから年末のライブを最後のステージとさせて頂きます。

バンドに加入して4年強、バンドメンバーはもちろん、関係者の皆様、そしていつも応援してくれている皆様のお力添えがあったからこそここまでやってこれました。
本当にありがとうございます。感謝してもしきれない思いです。
アシュラで得た全てのことは僕にとって大きな糧であり、このバンドのドラマーだからこそ出来た経験も沢山させてもらいました。

僕が去ってもバンドは続いていきます。僕は僕の道を見つけ別れ進みますが、彼らの行く未来に躍進と成功がある事を信じ応援し続けます。どうか皆様もこれからのアシュラシンドロームを信じて下さい。必ずアイトさん、NAGAさん、ナオキさんの三人と新しい仲間で爆発的な音楽を演奏し続けるでしょう。

最後のライブは魂を燃やして演奏します。よろしくお願いします。

大津一真

2019年秋頃に本人より脱退の申し出を受け、メンバーで話し合いを重ねた結果、本人の意思を尊重し大津一真の脱退を受け入れることになりました。
本来であれば、2020年春発売のアルバム「ENCOUNTER」のリリースツアーを以てドラム大津一真の脱退を発表をする予定でしたが、新型ウィルス蔓延によって全公演キャンセルとなりバンドとしても活動自粛を余儀なくされた結果、ファンの皆様への報告がここまで遅くなってしまい申し訳ありません。

このコロナ禍でバンドの活動自粛状況は未だに続いておりますが、ファンの皆様の前でライブができないままメンバーが脱退するというのはバンドとしても大津一真本人としても不本意なので、
感染症対策を徹底したうえで、2020年12月27日(日)に我々アシュラシンドロームのホームグラウンドであるライブハウス「池袋Adm」で、有観客&生配信ワンマンライブ『Re:ENCOUNTER』を以て大津一真の正式な脱退とさせて頂きます。(公演詳細は別途お知らせします。)

ファンの皆様にとってメンバー脱退はとても残念なお知らせになるかと思いますが、我々としては決して悲観的なものではなく、お互いのこの先の人生にとって前向きな決断だと思っていますので、どうかこの先もアシュラシンドロームと大津一真の応援の程よろしくお願いします。

アシュラシンドローム一同

再録プロジェクト アンケート